壺中居-KOCHUKYO

EXHIBITIONS

吉田喜彦陶展

吉田喜彦陶展

展覧会詳細

会期

2021年2月15日(月) — 2月20日(土)

時間

11:00-17:00 ※営業時間にご留意ください

会場

壺中居3FホールMAP ►►(写真は 3. 赤志野筒茶盌)

注意事項

・新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が継続強化されましたらば、会期・時間など変更する可能性がございます。
・会期中の吉田先生の在廊は2月15日(月)、16日(火)の予定です。※変更の場合もごさいます。
・会期中は安全対策に最大限努めます。
以上、状況に応じて柔軟に対応いたしますので、ご賢察のうえ最新の情報
にご留意ください。

作家の言葉

いきいきした作品が 作りたい
静かで大らかなものが 作りたい
温かく豊かな作品が 作りたい

創りたかったのは これですと 言ってみたい

この頃 見続けている夢です

吉田喜彦

主催者よりご挨拶

2018年初冬以来、3年ぶりに吉田喜彦先生の最新作による個展を
開催いたします。

世界中が未曽有の試練に耐えるなか、吉田先生は淡々と作陶に向き
合う時間を過ごされ、奥行きの深いお人柄は、益々自然に、かつは
濃厚に作品に反映されているものと感じます。
今回のラインナップでは1点1点が、かの俳聖芭蕉のごとき「わび」
「さび」をもう一歩乗り越えた「軽み」に似た印象を観るもの手に
取るものに与えることかと想像します。

次代の古典となるべき資質にあふれた今回の最新作の数々を、ぜひ、
会場にてご高覧くださいますよう、ご案内を申し上げます。

ギャラリーこちゅうきょ

作品

  • 1. 志野茶盌

  • 2. 赤志野茶盌

  • 3. 赤志野筒茶盌

  • 5. 赤志野茶盌

略歴

吉田喜彦
1936年 宇都宮市に生まれる
1956年 荒川豊蔵の内弟子となる
1969年 独立し、個展を作品発表の場とする
1981年~ ギャラリー華(東京)にて個展、そのつど作品集刊行する
1995年~ 壺中居にて個展
2014年 「陶芸家・吉田喜彦」展(世田谷美術館)
2015年 「吉田喜彦とうつくしいものたち」展(岐阜県現代陶芸美術館)
2016年 「益子と美濃を結ぶ陶芸家・吉田喜彦」展(益子陶芸美術館)
作品収蔵

東京国立近代美術館、栃木県立美術館、岐阜県現代陶芸美術館、世田谷美術館
ヴィクトリア&アルバート美術館、ギメ東洋美術館、ダラス美術館、
キャンベラ・ナショナルギャラリー 等

現住所

東京国立近代美術館、栃木県立美術館、岐阜県現代陶芸美術館、世田谷美術館
ヴィクトリア&アルバート美術館、ギメ東洋美術館、ダラス美術館、
キャンベラ・ナショナルギャラリー 等